読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しらぬいのしらないこと

神奈川在住アラサー独身男の日々の発見を綴る。アクティブな人見知りです。趣味はお出かけ。スノボ行ったりランニング行ったり温泉行ったり。

東京からの日帰りスノーボードは川場スキー場がオススメ

どうもしらぬいです。
 
先日、高校の友人とスノーボードへ行ってきました。
群馬県の川場スキー場へ行ってきたのでレビューします。

 ①なぜ川場スキー場?

・東京の友人宅に前泊(土曜日)し、車で日曜の日帰りである
・自分含め計3人で行くが、内1人は今回が2回目
→あまりに広いと別行動した時に合流が大変
・雪質がいい
→せっかく行くなら、ねえ。
 
とまあ条件があって、何箇所か候補を挙げました。
これらの条件を満たすのは必然的に関越道の「沼田・水上」エリアに限られますね。
 
で、結局行ったことのある川場スキー場にしましたとさ。

 

 ②アクセス

関越自動車道沼田ICから約30分ぐらいかな。

ホームページでは25分となっているので大差ないでしょう。

 

注意点1

日曜日の早朝は赤丸で囲んだあたりで渋滞が発生します。

止まるほどではないけど、30-40kmぐらいのトロトロ運転になります。

合流や緩やかな上り坂で、知らず知らずにスピードが落ちてしまうようです。

自分たちは高坂SAで6時半ぐらいに朝ごはん食べて、

この区間は大体7時半〜8時ぐらいに通過したんだけど、渋滞遭遇しました。

早々にここは通過して、沼田IC付近で朝ごはん食べた方がいいかもしれない。

「東京から2時間!」って書いてはあるけど、これは渋滞なしの最速の場合で、

大体これに30分ぐらい掛かるって思った方がいいかもしれないですねー。

f:id:shiranuiyuji:20170317215723p:plain

 

 注意点2
スキー場手前3kmぐらいから山道に入って凍結区間があります。
何箇所か、チェーン脱着所もあります。
 
今回は見なかったけど、前回は駐車場の手前数百メートルで、タイヤ空転してる車見ました。その時はFFで2年目格安スタッドレスタイヤでヒヤヒヤしたなー。
今回は4WDで新品スタッドレスだったので、
特に怖い場面もなく、むしろ性能試したくわざと雪道入ったりしてました(←おい
 
運転に自信がない人は、手前の道の駅からシャトルバスもあるそうで、そちらを利用するのも手かと思います。
 

 ③コースレビュー

f:id:shiranuiyuji:20170317234215p:plain

 

f:id:shiranuiyuji:20170317221747j:plain

↑一番下のリフト乗り場付近(ア)
 

f:id:shiranuiyuji:20170317222114j:plain

 ↑クリスタルエクスプレス頂上付近(イ)
 

f:id:shiranuiyuji:20170317222128j:plain

 ↑高手ペアリフト山頂付近(ウ)
 

●感想

・コンパクトな作りなので、幅広いコースは少なく初心者には厳しいかもしれない
・パークメインのコースがあり、パークをやらないヒトや間違えて入ってしまうと大変なことに、、、
・③のコースは意外と人が少なくて雪も多くて快適。特に午後
・食堂のクオリティが高い。
→よくあるカレー、ラーメンではなくオシャレなランチプレートやインド料理、ピザが味わえる
 

④その他

・割引チケット

l-tike.com

沼田IC下りてすぐ左手にローソンがあります。そこで割引チケット買えます。

リフト1日券(4,500円)+食事券(1,000円食事券+500円商品券/レンタル利用不可)の6,000円分が5,200です。

ただし、スキー場のチケットカウンターで引き換えとなるので、混雑回避にはなりません。あと、デポジットで現金500円/人が必要なのでお忘れなく!

オススメ度:★★★☆☆

 

・レンタル用品

川場レンタル

スキー場自体でもレンタルはできるけど、高いし混雑して時間が掛かることがあります。スキー場のレンタルはいわゆるブランド品で、途中のレンタルショップはおそらくノーブランドないしは型落ちのものです。特にこだわりがないなら半額ぐらいで借りれるし、時間の節約になるのでここを利用するのも手でしょう。

オススメ度:★★☆☆☆

 

・温泉

存分に雪山を堪能したら、冷え切った体を温めたいですよね〜。

ほぼ毎回と言っていいほど、スノボ→温泉はセットです。

群馬県温泉旅館 - 川場温泉かやぶきの源泉湯宿 悠湯里庵(ゆとりあん)

沼田ICまでは少し遠回りになるのですが(といっても2,3km)行く価値あり!

↓こんな感じの茅葺の建物で、温泉が堪能できます。

f:id:shiranuiyuji:20170318000416j:plain

出た後はそのまま晩御飯をここで食べちゃいましょう!

日帰り入浴客は↓こんな晩御飯を確か800円とかで食べれました。

どうせ、関越道は渋滞しているし、渋滞解消をここでまったり待つのもありかと。

(結局帰り関越道は事故が数カ所あって、渋滞に巻き込まれました)

f:id:shiranuiyuji:20170318000531j:plain

オススメ度:★★★★★

 

 

とまあ2月にいったレビューを今更書いています。

もうそろそろシーズンも終了・・・

 

そんな感じ。

 

わたしの戦闘力は530000です。改め、わたしの経県値は141です。

「わたしの戦闘力は530000です。」

どうもしらぬいです。

 

冒頭のこのセリフ20代後半の男性なら一度は耳にしたことがあるかと思います。

いや、むしろ自分なりに53万を入れ替えて会話の中に織り交ぜたことが

20台後半の男の子なら一度や二度はあるでしょう。

ほとんどマンガを読まない自分だけど、ドラゴンボールは何度も読み返したなー。

今も帰省した時についつい読んでしまうよね。

展開・結末を知っているにも関わらず・・・

特に好きなのがこのセリフが出てくる「フリーザ編」かな。 

f:id:shiranuiyuji:20170306230006p:plain

 

ってそんな自分の戦闘力なんてスカウターで測ってもらったら、

たぶんおそらく間違いなく5もいかないでしょう。

それにこんなことが今日のテーマじゃないんですよ笑

今日紹介したいのはこのサイトです。↓

経県(経県値&経県マップ)

 

ま、簡潔に言うと、自分が日本中をどのぐらい行ったことあるかなってのが、

ガイドラインに沿って選択してくと点数化されるのです。

f:id:shiranuiyuji:20170306232429p:plain

 

で早速やってみたわけでしらぬいの結果ですが・・・

「141点」(27年と半分)

f:id:shiranuiyuji:20170306230703p:plain

んー。果たしてこれが多いのか少ないのかは自分では判断しかねるな。

自分では色々行ったつもりだけど、

最小5点(現在居住地から外に出ていない)〜最大235点(居住5点×47都道府県)

の幅で考えると、中の上ぐらいなんじゃないかと思ったり思わなかったり。

点数が高ければ偉いかと言ったら、もちろんそんなこともなく単に自己満の世界なんだけど、数値化して客観視するのも悪くないかなと思うなー。

時間的に早ければ1分もかからないし、暇つぶしにもならないかもしれないけど、

あ、ここ行ったなー、とか、あれ四国一回も行ったことない、とか

色々思い出すきっかけ、旅に出るきっかけにはなると思うよ。

 

 

ちなみに参考までに大学卒業時の経県値を出してみた↓

「111点」(22年と半分)

f:id:shiranuiyuji:20170306232051p:plain

うん、実は大学までに結構いろんなところ行ってたんだなー。

 

 

そうそうこのブログではこれから、

今まで行ってよかったところや、反対に残念だった(期待はずれだった)ところ

なんかも紹介できたらなーと思っています。

とりあえず、「白=未踏」をなくすことを今後の目標の1つにしてみましょうかね。

進捗あったら報告しますね(笑)

 

こんな感じで。